天皇賞春 レース予想[2019年] 4歳馬が中心新たな長距離スターは

レース予想

今週は天皇賞春ですね。
頭数は少なくて寂しい感じがありますが、新しい長距離スター誕生なるか。
注目の一戦になりますね。

血統的な傾向

勝ち馬こそ出ていませんがハーツクライ産駒は馬券絡み多いですね。
今年はチェスナットコート、カフジプリンスですね。
実績的には少し辛そうな感じしますね。

あとはステイゴールド産駒。
エタリオウ、パフォーマプロミスがいます。
去年に続いての勝利なるか注目です。

ディープ産駒についてはまだ勝利なし。
今年は菊花賞馬のフィエールマンもいますし、グローリーヴェイズも有力です。
チャンスありと思います。

それではまずは印から。

天皇賞春予想

◎グローリーヴェイズ
○エタリオウ
▲ユーキャンスマイル
△チェスナットコート
△パフォーマプロミス
△フィエールマン

グローリーヴェイズ

菊花賞は5着でした。このときは伏兵扱いで健闘しましたね。
ブラストワンピースとは半馬身差だったわけですから自力は確かなものをもっています。
上がり最速タイでしたし、フィエールマンとそれほど差がないでしょう。

血統的に母父スウェプトオーヴァーボードが敬遠されそうですが、
さらに辿ればメジロライアンが見えてきて日本の伝統牝系といった感じで好印象です。
戸崎は先週のウィクトーリアで勝利して波に乗っています。ここらで来そうな予感がありますね。

エタリオウ

最強の1勝馬なので父そっくりな印象の馬ですね。
2着が多く勝ちきれませんが、常に上位争いできているのでここも崩れないでしょう。
最後の決め手で他馬にゆずってしまいそうですが、ステイゴールド最後の世代として
種牡馬入りできる実績は欲しいですよね。

ユーキャンスマイル

長距離ならどんとこいの母父ダンスインザダークという血統。
しかし父キングカメハメハが少し天皇賞・春となると不安要素ですね。
トゥザグローリー、ローズキングダムと人気でこけています。
この馬に関しては長距離で頭角を現してきたので大丈夫と思いますが、
勝ちきるまでいけるかどうかは微妙なところ。

まとめ

去年もそうでしたが、今年も4歳馬が競馬を作っていくとみて4歳馬中心にしてみました。
5歳より上の馬は血統の後押しがありそうな馬を選択。

去年の予想

天皇賞春 レース予想[2018年] 荒れる結果となるのか