NHKマイルC 回顧[2019年] 強さを改めて証明

レース回顧

NHKマイルC レースの振り返り

桜花賞勝ち馬のグランアレグリア vs 2歳王者アドマイヤマーズの構図でしたが、
オッズ的にはだいぶ開きがありましたね。
朝日杯FSと同じようなオッズになりました。

結果はアドマイヤマーズが再びグランアレグリアを退けて勝利。
2歳マイル王ていっていいレース内容でしたね。

一方のグランアレグリアは膠着&ルメール騎乗停止となってしまいました。
ここまでよいリズムだったルメールもこれでいったんリセットですね。

各馬の今後の展望

アドマイヤマーズ

今回の競馬でグランアレグリアとの勝負付けは済んだでしょう。
デムーロも久々の重賞勝利で復活しましたね。
今後はマイル路線中心でのローテでいきそうですね。
1800くらいのG1があれば面白いのですけどねー。
もう一度2000mのG1にチャレンジして見て欲しいところ。

ケイデンスコール

新潟2歳Sの覇者が見事に復活。末脚にかけたのがよかったですね。
母父ハーツクライなので東京に変わったのもプラス材料でした。
新馬戦でアドマイヤマーズと接戦だったことを考えれば、
この人気は美味しかったといえるでしょう。
気づいた方はお見事でしたね。
ダービーに出て来てもおかしくない血統ですが、この馬も今後はマイル路線ですかね。

カテドラル

ヴェロックスに先着したこともある実力馬が好走。
この馬もハーツクライ産駒なのでスタミナが活きる展開できた2着、3着馬でしたね、
母父ロックオブジブラルタルなのでマイル近辺の方が向くみたいですね。
展開に左右されそうな馬ですが、今後も忘れた頃の一発に要注意かと

ダノンチェイサー

ディープ産駒は4着、5着となりました。
ダノンチェイサーは強いには強いですが、もう少しゆったりしたペースになって欲しかったかも。
中距離路線は役者が揃っているので今後のローテどうするかは難しいですね。
マイルだと物足りない競馬が続きそう。

グランアレグリア

桜花賞の勝ちっぷりから圧倒的人気になりましたが、牝馬が勝ち切るには厳しいレースとなりました。
アドマイヤマーズの壁を超えられなかったですね。
牝馬同士なら自力上位なのですが、秋は秋華賞を目指すことになりますかね。

まとめ

レース内容は僅差で面白いレースだったと思います。
ルメール騎手の騎乗停止でダービーまでの騎手がどうなるか注目ですね。
噂ではレーン騎手らしいですが、短期免許ジョッキーにダービー勝ってほしくないですねー

去年の回顧記事

NHKマイルC 回顧[2018年] 長かった初G1制覇