ロードカナロア産駒 次世代リーディングサイヤー候補

種牡馬コラム

ロードカナロア産駒の活躍が目覚ましいです。
まだ2世代しかいない状態で現在は種牡馬リーディング3位。
2位のステイゴールドの背中が見えてきています。

さすがに1位のディープインパクトは別格ですが、
数年後にはかなりいい勝負になっているのではないでしょうか。
同じ年に種牡馬デビューしたオルフェーヴルはだいぶ差が開いてしまいましたね。

重賞でも買い目に入れることが多くなってきたので傾向、狙い目を考えてみます。

ロードカナロア産駒の重賞勝ち馬

まずは重賞勝ち馬を見て見ましょう。

アーモンドアイ

現役最強馬で歴代でもトップクラスの名牝でしょう。
この馬に関しては説明不要ですね。
もし苦手なコースとなれば中山コースでしょうが、
有馬記念は使わないでしょうし現役中に大きな心配はないかと。

ステルヴィオ

マイルCSを勝利しているように守備範囲は1400-1800といった印象。
2000mになると少し甘くなるみたいですね。

サートゥルナーリア

無敗の皐月賞馬で3歳世代最強馬。しかしダービーにルメールが乗れなくなってどうか。
ダービーをこのまますんなり勝てるとは思いませんが、
2世代連続で最強クラスを輩出してきたので
ロードカナロアのポテンシャルの高さはすごいですね。

ダノンスマッシュ

3歳秋からスプリント路線で覚醒したダノンスマッシュ。
高松宮記念は負けはしましたが、今後もスプリント路線で中心的存在になっていきそうです。
ロードカナロア産駒らしいといえばらしい成長曲線とローテーションですよね。
成長力があるところも大きなポイントですね。

ファンタジスト

G1の壁に跳ね返されましたが、この馬も秋以降はスプリント路線にきそうですね。
母父ディープなので距離に融通はきいているのでしょうが、
小倉2歳Sを完勝しているようにもう一度1200mでの走りを見て見たいところ。

ケイデンスコール

NHKマイルCで大穴をあけたこの馬。
G1でも要注意の存在というのを見せつけてくれた好走でしたね。
とりわけマイル近辺ではヒモに加えておくべき馬です。

ヴァルディゼール

シンザン記念を勝っていますが、その後はパッとしていません。
今後の成長に期待。

イベリス

アーリントンCでの大穴は記憶に新しいところ。
忘れた頃の一発がまたあるかも。

ロードカナロア産駒の傾向と重賞の狙い目

広いコースが狙い目になるのは間違いなさそうです。
東京コースで要注意ですね。
逆に中山コースで買うのは能力、血統を元に判断していきたいですね。

といってもこれから産駒数はどんどん増えてくるでしょうから、
今傾向を探ってもすぐに覆されるかもしれません。
長い付き合いとなるロードカナロア産駒。じっくり研究していきたいですね!