オークス レース展望[2019年] 混戦を抜け出す馬は

レース展望

桜花賞馬のグランアレグリアがNHKマイルCに向かったので、
桜花賞馬不在のオークスとなります。
それでも例年の傾向からすると桜花賞組を上位評価で間違いないでしょう。
牝馬No1決定戦のオークス展望です。

有力馬の分析

コントラチェック

フラワーCの楽勝っぷりから人気になりそうですね。
レーン騎乗というのも人気に拍車をかけそうですが、私は疑問視しています。
かつてフラワーCをいい勝ちっぷりしたもののダメだったファンディーナの例もあります。
クラシックの主要路線から外れたローテは割り引いた方がいいでしょう。
まだ一線級との戦いはないので過度の期待は禁物です!

クロノジェネシス

桜花賞の走りとクイーンC勝利からオークス向きと見られていますね。
バゴ産駒は距離の幅は広いですが、この馬はマイル向きの馬かなーとも思っています。
というのも母父クロフネですから、府中マイルの申し子のような馬かなと。
意外にもオークスは向かなかったという結果になるのでは

ダノンファンアジー

複勝圏内が一番固そうなのがこの馬。
桜花賞はマイラー向きレースを先行してしまった分の負け。
腹をくくって差しに回っていたらもっと際どい勝負だったでしょう。
母系からはスタミナの心配はありません。巻き返し必死とみます。

オークスの現時点まとめ

個人的にはエールヴォアが気になっています。
もう少し各馬分析して結論を導き出したいですねー。