ダービー レース展望[2019年] 穴馬を都合よく徹底分析

レース展望

日本ダービーの穴馬候補として目をつけた3頭。
どの馬を穴馬筆頭一番手にするかをもっと詳しく分析してみようと思います。
枠順出たら実際本命まで抜擢するかまで考えたいですねー。

目をつけている穴馬を分析

シュヴァルツリーゼ

これまで3戦とキャリアは浅いです。
それでも新馬戦から休み明けの弥生賞で2着に来たように素質は高いです。
まだ気性が若いのか直線でフラフラ走っているようなところはあります。
皐月賞でも横の馬に噛みつくような仕草を見せながら走っていました。

本格化すれば相当強くなりそうな印象はありますねー。
ではダービーで買える要素は何かと言われたらまずは血統ですね。

父ハーツクライはダービー馬ワンアンドオンリーを輩出しているように
リーディングサイヤーとまでいきませんがトップ種牡馬の一角です。
ダービーは血の継承がテーマのレースでもありますから、
大局観を持って、今後重要となる血統の馬が勝つイメージがあります。
今年の場合はサートゥルナーリアが父ロードカナロアのリーディングサイヤーの道を考えると
一番勝ち馬にはふさわしいですよね。

それでも負かせる種牡馬がいるとしたらそれはハーツクライ、ディープインパクト、キングカメハメハ
この辺になるかなと考えています。
母父Monsunはドイツ血統で、日本でのドイツ血統のダービー馬となるとエイシンフラッシュがいます。
(エイシンフラッシュ自体は種牡馬としては結果が出ていませんけどね。。。)

個人的にはトニービンの血が後世に伝わって欲しいのでハーツクライ産駒に勝って欲しいというのもあります。
ジャスタウェイ産駒のヴェロックスでもトニービンは残りますねー。
ですので今年のダービーはシュヴァルツリーゼ、ヴェロックスのどちらかの勝利を望んでいます。

あとはレースぶり、荒削りすぎるレース内容ですが、おそらく東京に変わると大幅にパフォーマンスを上げそうです。
揉まれるレースはまだ苦手な感じを皐月賞から受けたので外枠に入るといいかもしれません。

クラージュゲリエ

父キングカメハメハはドゥラメンテ、レイデオロでダービー勝っているように、
説明不要の大種牡馬です。
ディープインパクトよりも後継種牡馬では顔ぶれが揃ってきた印象ですね。
クラージュゲリエはいかにも穴馬といった位置付けになってしまいましたが、
札幌2歳Sのあたりでは世代トップになれる素質があるかもと思っていました。

その後は勝ったり負けたりでしたが、上位陣との差はそれほどないと思っています。
ペースはスローで瞬発戦になった方がいいかもしれませんね。

タガノディアマンテ

3着候補の大穴ではタガノディアマンテ。
京都新聞杯を使ったことで人気がさらに落ちそうなのもいいですね。
父オルフェーヴルですが、母系はキンカメ×トニービンなので東京は実はどんとこいな血統背景。
無欲の追い込みで直線勝負に徹すれば上位に来てもおかしくない実力馬です。