ダービー レース予想[2019年] 皐月賞組から穴馬台頭する

レース予想

シュヴァルツリーゼ大外キマシターー!!
本命決定です。気分良く走れれば頭まであると見ました。

レース予想

◎ シュヴァルツリーゼ
◯ ヴェロックス
▲ タガノディアマンテ
△ クラージュゲリエ
× サートゥルナーリア
× ダノンキングリー

結果として皐月賞を使った馬を中心視しました。
それくらい皐月賞とダービーはリンクしますからね。

シュヴァルツリーゼは未知の部分は大きいですが、
大駆けがあるとしたらこの馬しかいません。
大外枠で揉まれない条件、おそらく差し馬展開になると見込んでいるので
あとは直線で弾けてくれるのを願うのみです。
父ハーツクライで種牡馬としてもダービー馬にふさわしいです。
キャリア4戦目ですが魅力は一番ありますね。

人気馬の中ではヴェロックスを最上位評価。
どちらかというとダービーで来ないタイプの皐月賞好走馬な気がしますが、
こういった先行馬に乗せたら川田騎手はうまいです。
最近ではキセキでもいいレースをしていました。
ジャスタウェイ産駒はいきなりダービー制覇なるかといった点が気になりますが、
レースっぷりからはダービー馬にふさわしい気もしています。

3番手はタガノディアマンテ
オルフェーヴル産駒で底力勝負は向きそうです。
しぶとく直線伸びてきそうです。スタミナも十分あるでしょう。
京都新聞杯は先行したので弾けませんでしたが、
直線勝負にかければ一発あってもおかしくない馬。

クラージュゲリエは世代の物差し馬的な感じもしますが、
どんなレースでも自分の競馬で掲示板には来ています。
母系フェアリードールでG1での人気薄3着を警戒したい血統です。
共同通信杯は切れ味勝負だったので離されてしまいましたが、
消耗戦になればしぶとく上位争いしてきそうです。

あとは残りの人気2頭、サートゥルナーリア、ダノンキングリーへ。
サートゥルナーリアは文句なし、普通なら勝っておかしくないですが、
代打のレーンというのとすんなり無敗の2冠馬というストーリーに疑問を感じました。
予想していく中で2、3着でライバルの台頭を許すレースになる気がしてきました。

ダノンキングリーは消しても良かったのですが、
安易に人気馬消して外すことをこれまで何回も経験しているので一応押さえておきます。
レースぶりから東京は向きそうですが、体力勝負になったら辛そうな気もしますね。

馬券の買い方

基本線はシュヴァルツリーゼからの馬連、ワイドです。
買い目は以下の通りです。

馬連、ワイド
18ー>6、7、10、13、16

ワイド
13ー>10、16

人気馬との組み合わせはシュヴァルツリーゼのみ絡めます。
ヴェロックスも本命級の評価ですのでワイドだけ押さえておきます。