ダービー回顧[2019年] 波乱の決着も種牡馬としては納得の結果

レース回顧

レースの振り返り

リオンリオンが果敢に逃げて離れた2番手にロジャーバローズという展開。
先行馬が残って波乱になるときの典型的な展開になりましたね。

スタートでサートゥルナーリアが出遅れて意識が後ろにいったのも
波乱の要因でしょう。高速馬場もありましたしね。
それでも勝ったロジャーバローズはお見事でした。

各馬の今後を占ってみたいです。

各馬の今後

ロジャーバローズ

世代頂点に立ちましたがどんな条件でも問題ない王者というよりは、
条件が限られたときに来るというイメージです。
浜中騎手の積極騎乗が実った感じですね。
やはり勝つには積極性が必要というのを今年も感じました。

負けるときはころっと負けそうな馬だけに今後も取捨には困りそう。
まずは秋初戦でどんな競馬をするかがキーポイントでしょう。

ダノンキングリー

結局は位置どりの差といった感じの惜しい負けでした。
戸崎騎手は2年連続の2着で惜しいところでダービーに手が届きません。
これはかつての蛯名騎手を思い起こさせますね。
あと数年でダービーを取れないと厳しくなるかもしれません。

ダノンキングリー自体は強さは見せましたが突き抜ける力が足りない印象。
今後もG1でそつなく上位に来ますが他の馬に勝たれるシーンになりそうです。

ヴェロックス

この馬も結果位置どりで勝負アリといった感じ。
最後にサートゥルナーリアを差し返していたので根性あります。
個人的には菊花賞はこの馬で決まりかなと思っています。

まずはジャスタウェイ産駒に重賞勝利をプレゼントするべく、
秋競馬初戦でしっかり勝ってほしいです。

サートゥルナーリア

出遅れがすべてといった敗戦ですが、
今回の結果で同世代でトップクラスですが、
突き抜けて強いわけではないことが伴明しました。

さすがにアーモンドアイ級の名馬が連続で登場したら凄すぎますよね。
少し周りが持ち上げ過ぎていたのかもしれません。
それでも強い競馬といえる4着なので秋以降の巻き返し期待ですね。
さらなる成長があれば兄エピファネイア同様にジャパンカップ勝てるでしょう。

ニシノデイジー

思った以上の好走でした。
種牡馬ハービンジャーの存在感を大一番で見せてくれました。
人気がすぐ落ちる馬なので狙い所を間違えなければ今後も美味しい馬になりそう。

ダービーの結果での種牡馬の価値は

今年のダービーを種牡馬別の出走頭数で見てみると。

4頭出し

ディープインパクト産駒

3頭出し

キングカメハメハ産駒

2頭出し

ジャスタウェイ産駒

1頭出し

ハーツクライ産駒
ルーラーシップ産駒
ダノンバラード産駒
オルフェーヴル産駒
ハービンジャー産駒
ロードカナロア産駒
モンテロッソ産駒
クロフネ産駒
アイルハヴアナザー産駒

さすがのディープ産駒ですよね。
ワンツーするのも納得です。ロードカナロアが今後リーディングサイヤーを目指すのであれば、
ダービーに複数頭出走させるくらいのポテンシャルは必要でしょう。

何気にキンカメ産駒は3頭送り出していたんですね。
種付け数を少なくしてもこれだけのポテンシャルがあるのは凄いですよね。

そしてジャスタウェイ産駒は2頭出てきたので新種牡馬でこれは立派。
来年以降も同じくらい産駒の出来がよいと今後楽しめそうです。

ハービンジャー産駒は今年も掲示板にのったのでクラシック向きとして
来年以降も引き続き要注意でしょう。
今週から新馬戦が始まりますので、また新しい種牡馬たちのデビューも楽しみです。