安田記念 レース予想[2019年] 一騎打ちモードに待ったをかけるのは

レース予想

アーモンドアイ VS ダノンプレミアムという構図の今年の安田記念。
これまでのレースぶりからも2頭が抜けているので一騎打ち状態なのもわかります。

それでもなんとか第3の馬をさがすべく分析していきたいと思います。

牙城をくずせる馬はいるのか

正直2頭の力は相当抜けています。
アーモンドアイは正真正銘、今の日本競馬のトップホースですし、
ダノンプレミアムもG11勝とはいえレース振りからトップクラスの能力は間違い無いです。
予想すればするほど突けいるスキはないように思います。

それでも気になる馬をあげていきます。

アエロリット

東京マイルは大崩れしないタイプで先行力は魅力です。
ヴィクトリアマイルはオーバーペースで崩れましたが、
自分のペースで持続力勝負に持ち込めばきわどいシーンになるのでは。

フィアーノロマーノ

血統的にアメリカ要素が強くて今の東京の馬場に一番向いていそうな馬です。
鞍上は春G1で一皮向けた感のある北村友騎手。
馬の成長と今の馬場を味方につけてスムーズに先行できればあっと言わせる場面があるかも。

ケイアイノーテック

母系はがっつりアメリカ系ですね。
差す競馬の馬ですが思い切って先行してくれませんかねー。
叩き2走目で馬の行きっぷりがよくなっていればチャンスありと見ています。