新馬戦レビュー[2019年] 早くも桜花賞候補誕生

コラム, 新馬戦

新馬戦が始まりましたね。
もう来年のクラシックを見据えた戦いの始まりです!
去年は6月の時点でグランアレグリア、ダノンファンタジー、そしてサートゥルナーリアがデビューしています。
もうこの時期にクラシックを賑わす馬が出てきたりもします。

早めにクラシック候補生を見つけてチェックしておきましょう。

【馬空-UMAZORA-】競馬写真ブログ

リアアメリア

今週鮮烈なデビューを決めたリアアメリアに触れないわけにはいけないですね。
父ディープインパクトで8馬身差の圧勝劇。
あえて後ろからの競馬をしたあたり期待の高さが伺えます。
メンバーが弱かったと言われがちですが、パフォーマンスを見れば本物っぽいですよね。
川田騎手と中内田厩舎のコンビで早くも来年のクラシック候補筆頭ですね。

血統的には今年のグランアレグリアと同じくスピードタイプ。
ベストは桜花賞といった感じのスピード能力でしょう。
オークスは血統だけ見たら厳しい印象です。
秋まで休むでしょうから、復帰戦が楽しみですねー。

モーベット

父オルフェーヴルから今年は早速新馬勝ちの馬が出てきましたね。
ラッキーライラック、エポカドーロが躍進した初年度産駒でしたが、
今年の2年目はパッとしない結果となったオルフェーヴル産駒。

このままだとライバルとされていたロードカナロアとは差が開くばかりです。
ここらへんで大物候補が欲しいところですよね。
モーベットは母父ファルヴラヴです。どちらかというと非根幹距離のイメージが強いですよね。
競馬っぷりはよかったので順調に成長すればこちらも秋楽しみです。

サリオス

父ハーツクライ産駒の新馬勝ち姉にサラキアがいますね。
スワーヴリチャードも影を潜めてしまい、あまり活気があるとはいえないハーツクライ産駒。
ここらへんで奮起してこないと息子のジャスタウェイに抜かれる日が来るかもしれません。
まずはクラシックにいけそうな産駒が多く輩出できれば。
今年は幸先よいスタートとなりました。