騎手で振り返る2019年の春G1レース

コラム

春のG1もひと段落

まだ宝塚記念が残っていますが、安田記念が終わると春G1終わった感がありますね。
いろいろなレースがありましたが、ここでは騎手で振り返ってみようと思います。
どんな騎手が勝っていたのか、穴をあけた騎手はだれなのか。
今一番G1で頼れる騎手は誰なのかを分析していきましょう。

春G1結果を振り返る

高松宮記念

福永  ミスターメロディ
幸   セイウンコウセイ
藤岡康 ショウナンアンセム

キングヘイローが亡くなった週にパートナーだった福永が勝利。
イチロー引退で生涯安打数のサイン馬券も話題になりましたね。
春G1で一番荒れたレースとなりました。
それでも来ている騎手はG1勝利がある騎手でした。

大阪杯

北村友  アルアイン
川田   キセキ
福永   ワグネリアン

北村友が念願のG1初制覇。
高松宮記念をダノンスマッシュで負けた雪辱なりました。
G1ジョッキーになったのでこれからどこまで勝てるかですね。
2、3着はやはり実績あるジョッキーが来ています。

桜花賞

ルメール グランアレグリア
和田   シゲルピンクダイヤ
北村友  クロノジェネシス

ルメールが去年のアーモンドアイに引き続き勝利。
和田はこういう渋い馬に乗せて穴をあけてきますよね。
北村友は馬券圏内には来たものの3着まででした。
今年もルメール無双の始まりの予感はここからでした。

皐月賞

ルメール サートゥルナーリア
川田   ヴェロックス
戸崎   ダノンキングリー

桜花賞に続いてルメールが勝利。
完全に春クラシックはルメールが席巻しそうと感じたレースでしたね。
川田は大阪杯に続いて2着。
先行してうまい騎手なのですが勝ちきるまでいけないですねー。

天皇賞・春

ルメール  フィエールマン
戸崎幸   グローリーヴェイズ
北村友   パフォーマプロミス

またもやルメール。G1では黙ってルメールですね。
着差は離れましたが北村友が3着でG1での存在感を増しています。
戸崎は惜しい2着。

NHKマイルC

デムーロ  アドマイヤマーズ
石橋脩   ケイデンスコール
アヴドゥラ カテドラル

重賞で不振続きだったデムーロが復活の勝利。
2着は石橋脩が穴馬を連れて来ました。
地味に関東での勝ち星を増やしているジョッキーであります。
3着は短期免許のアヴドゥラ。どこの国かと調べてみたらオーストラリアですね。

ヴィクトリアマイル

レーン  ノームコア
福永   プリモシーン
戸崎   クロコスミア

この春に一気に知名度をあげたジョッキーといえばレーンでしょう。
重賞勝利に続いてG1まで勝って凄い爪痕を残していきました。
2、3着は安定の福永、戸崎。
G1で取捨に迷ったら印を回しておくスタンスでもいいのかも。

オークス

デムーロ ラヴズオンリーユー
津村   カレンブーケドール
北村友  クロノジェネシス

デムーロが人気に応えて勝利。やっぱり頼りになります。
津村がG1で来るなんて記憶にありませんね。
穴を狙うにはこういう騎手を狙うべきなのでしょうが手が出にくいです。
北村友はまたもや3着。それでも複数回馬券圏内に来ているのは立派

ダービー

浜中  ロジャーバローズ
戸崎  ダノンキングリー
川田  ヴェロックス

浜中が悲願のダービー制覇。
外人ジョッキーが席巻しつつあるG1舞台ですが、
日本人ジョッキーの意地を見せてくれましたね。
戸崎は馬券圏内にはよく来るものの2着まで。
これで2年連続ダービー2着となりました。来年に期待ですね。

安田記念

福永   インディチャンプ
戸崎   アエロリット
ルメール アーモンドアイ

アーモンドアイがまさかの3着。ルメールの流れの悪さを象徴する結果でした。
勝負事なのでやっぱり流れは大事なのだと実感しましたね。
福永は高松宮記念に続き春G12勝。存在感を見せています。

振り返ってみると

日本人ジョッキーでは福永がG1勝ったものの、
川田、戸崎といったリーディング上位騎手は勝ちきれませんでした。
それでも馬券圏内には複数来ているので外すまではいかないですね。

あと武豊は一回も馬券絡みはありませんでした。これは意外でしたね。
秋G1では絡んでくるでしょか。
関東のリーディング上位騎手である三浦、田辺といったあたりは面白い馬に乗っていることもありましたが
馬券絡みはなし、G1で一発穴を狙うのも微妙な感じなんですよね。
それなら関西ジョッキー買っていた方が当たる気がします。

なんにせよG1は騎手が大事というのを感じることができる振り返りでした。
宝塚記念も騎手は予想の上で大事になりそうですねー。