2019年2歳世代のリーディング 新種牡馬の活躍際立つ

2歳リーディング, 種牡馬コラム

今週の話題はなんといってもゴールドシップ産駒のブラックホール、サトノゴールドのワンツーでしょう。
勝ち上がりの2頭で重賞ワンツーとはビックリですね。
さすがステイゴールドの系統といった感じで重賞クラスで勝負強いところを早くもみせてきました。
距離が伸びてよさそうですし、秋以降の勝ち上がり馬にも要注目でしょう。

それではランキングを見ていきましょう。
キズナ産駒の好調は相変わらずですが、ディープ産駒が秋から攻勢をかけてくるので、
どこまで踏ん張れるかといったところでしょう。

ゴールドシップのランクアップ

順位種牡馬名出走頭数勝利頭数出走回数勝利回数入着賞金勝馬率AEI
1キズナ44117713155,405,0000.251.8
2ダイワメジャー36106311130,681,0000.2781.85
3ディープインパクト26123113118,296,0000.4622.32
4スクリーンヒーロー195367104,622,0000.2632.81
5エピファネイア458718101,050,0000.1781.15
6ハーツクライ255416100,917,0000.22.06
7ロードカナロア31850883,400,0000.2581.37
8リアルインパクト28647680,681,0000.2141.47
9キンシャサノキセキ29656679,200,0000.2071.39
10ゴールドシップ17232368,649,0000.1182.06
11オルフェーヴル32544557,500,0000.1560.92
12ルーラーシップ33446454,600,0000.1210.84
13ヴィクトワールピサ24354352,700,0000.1251.12
14ヘニーヒューズ23440451,692,0000.1741.15
15ワールドエース15233351,460,0000.1331.75
16ジャスタウェイ26342345,050,0000.1150.88
17タートルボウル17232243,810,0000.1181.32
18ノヴェリスト20335340,530,0000.151.03
19キングカメハメハ12319339,850,0000.251.7
20サウスヴィグラス13422439,500,0000.3081.55

現在の2歳リーディング争いは

キズナ産駒が上級クラスでも活躍馬がでていて一歩リードといった感じ。
出走頭数は多いので上級クラスで継続して活躍馬がでればディープを抑え込めるかも。

ダイワメジャーはさすがの2歳線での強さを見せています。
条件戦でもそれなりに走ってきますからトップ3は堅いのでは。

ディープは安定のランキングですね。素質馬のデビューを待つのみです。
1位になるのはいつごろになるかが注目ですね。

ビックリは4位のスクリーンヒーロー
産駒の質が高くなってきたとはいえ少ない勝ち馬でこのランク。
マイネルグリッドが重賞勝って勢いは増してきました。

エピファネイアは勝ち馬率が気になるところ。
思ったよりも短いところでの勝ちが多いのは意外です。

2歳リーディングを確認するなら以下サイトが一番いいです!
2歳リーディング