秋のスプリント路線注目馬2019 スプリント統一王者へ

コラム

秋競馬しょっぱなのG1はスプリンターズSです。
夏競馬で台頭してくる馬もいますし、3歳馬も参戦してきて改めて勢力図を整理しておきたいですね。
春の高松宮記念は群雄割拠のなかミスターメロディが勝利して新たな時代到来といった感じですが、
絶対的な王者となるにはこの秋での結果次第といったところ。

ダノンスマッシュも高松宮記念で1番人気でしたから巻き返しに必死になるでしょう。
今週のセントウルSで新たな勢力図に書き換わるかもしれませんが一旦見てみましょう。

2019年のスプリント路線での注目馬

ミスターメロディ

父Scat Daddy
初の1200m戦となった高松宮記念を勝利。
ですが、まだ絶対王者と呼ぶには実績不足ですよね。
血統的にはストームバード系なのでピークを過ぎるとダメになりそうな印象。
今年いっぱいは安定して走ると思いますが、一旦崩れるともろそうな面もあるかも。
絶対王者に君臨できる馬かというとびみょーな気もしてます。
まずはセントウルSの走りに注目してみましょう!

ダノンスマッシュ

父ロードカナロア
世界のロードカナロア産駒。成長の仕方がロードカナロアそっくりですね。
この秋でG1制覇となれば、これまた父と似た戦績となってきます。

キーンランドCは完勝の内容ですし、高松宮記念も力負けではないです。
当然スプリンターズSでも上位人気なのでどうするか悩む馬になりますね。
大崩れしないタイプなので連軸にはぴったりといえそうです。

タワーオブロンドン

父Raven’s Pass
キーンランドCは負けはしたもののダノンスマッシュより1kg重い斤量でしたので、
能力的にはほぼ互角といっていいでしょう。
差してしてくるタイプなのでうまく展開も味方すればといった感じ。
ただセントウルS使うようだとローテーション厳しくなりますよね。
サマースプリント狙いだとするとスプリンターズSに出走しない可能性もあります。

リナーテ

父ステイゴールド
あのサトノダイヤモンドの半妹ですが、やっと本格化してきました。
重賞で堅実な成績で本番ドカンと大仕事をやってのける感じはあります。
ステイゴールド産駒なので厳しいレース展開はもってこいでしょう。
キーンランドCの内容からも上位陣とそれほど差はありません。

ディアンドル

父ルーラーシップ
魅惑の3歳馬です。連勝で挑んだ北九州記念は2着に負けましたが、
能力の高さは見せてきましたね。
正直3歳でG1制覇は難関だとは思いますが、
去年はラブカンプーが2着しているように斤量を味方につければ勝負になります。

ダイメイプリンセス

父キングヘイロー
意外性のキングヘイロー産駒。
どこで走ってくるかわかりませんがハマると怖い馬です。

ライオンボス

父バトルプラン
アイビスSDを勝ちましたがキーンランドCでは惨敗。
少し上位陣と差がある感じですかね。