ローズステークス レース展望[2019年] 最重要ステップだが

レース予想

混戦模様のメンバー構成

春のクラシックで上位争いしていた既存勢力と夏競馬で勝ち上がってきた上がり馬の対決という構図
それでもラブズオンリーユーは戦線離脱、カレンブーケドールは先週の紫苑Sで負けており、
勢力図は混沌としてきましたね。

秋華賞に向けて新たなヒロイン誕生となるのでしょうか。

春クラシックを戦った馬は

ダノンファンタジー

父ディープインパクト
春はG1で結果はでませんでしたが堅実な走りを見せました。
しかし、この結果を安定感あって連軸にしやすいとなるかというと微妙ですね。
パンチ力不足を露呈してきた結果が春のG1結果と見ているので、
秋初戦となるここでもイマイチな結果に終わる危険性は高いかと。

これからも人気ほど信頼できない実績馬の一頭となっていきそうです。
安易に本命にはできないですね。

ウィクトーリア

父ヴィクトワールピサ
オークスは見せ場ありの4着、秋の飛躍が期待されます。
母ブラックエンブレムは秋華賞で大穴を演出したようにムラ馬。
娘も同じようにムラなタイプになっていきそうです。
そこそこ人気のここで惨敗して本番ドカンを目論んでいます。
春は逃げたり差したりで戦法が読めませんでしたから軸にしづらいですね。

シゲルピンクダイヤ

父ダイワメジャー
父のイメージ通りでオークスはさすがに惨敗。
距離短縮のここでどうかですが、やはり厳しいでしょう。
マイル以下で活路があると思うのでここは自信の消しでいきます。
スワンSとか出てくれば面白いんじゃないでしょうか。

シャドウディーヴァ

父ハーツクライ
秋の成長が一番楽しみなのはこの馬。
父ハーツクライで成長力はあるでしょうから、いい競馬を見せて欲しいところ。
先行して勝ち切るようならハーツクライの本格化パターンですから、
どういった競馬を見せるか内容に注目しておきたいです。
ここを勝てるようなら秋華賞ももらったものです。

ビーチサンバ

父クロフネ
こちらも距離的にはオークスは適正外でしたね。
それでもローズSを勝ちきる血統背景でもなさそうですし、
中山のマイル重賞とかで買いたいですね。年末のターコイズSで狙いましょう。

ローズステークスの穴馬は

さて、穴馬のピックアップですが、やはり上がり馬からチョイスしたいですね。
いろんなタイプがいますが血統と戦績から直感で選びたいのは。

アルティマリガーレ

父ハービンジャー
秋に一気に飛躍する馬も多いハービンジャー産駒
母アルティマトゥーレはマイルからスプリントでしたが、
血統的にはトニービンが入っていますし、2000mまでは許容範囲。
戦績が綺麗なのでそこそこの人気にはなりそうですが、
春の実績馬を蹴散らしてもおかしくないでしょう。

狙い目の馬はこれだ!

シャドウディーヴァ、アルティマリガーレの一点勝負でいっちゃおうか検討中です。
どちらも共通しているのはトニービン持ちというところ。
トニービン好きとしてはやはりセットで狙いたいところですよね。

実績的には最上位のダノンファンタジーが人気を吸ってくれれば、
この2頭で万馬券狙いも面白いんじゃないでしょうか。