ローズS 回顧[2019年] 最後の1冠に向けて好発進

レース回顧

春の勢力図は変わらず

ローズSは上がり馬もそれなりにいましたが、結果は春の実績馬が上位という結果でしたね。
中でも接戦をものにしたのはダノンファンタジー
春のクラシック本番では掲示板止まりでしたが、最後の1冠に向けて上々のレース内容でした。
ディープインパクト産駒で大レースで爆発できるかどうかになるでしょう。

2着はビーチサンバ。
距離適性などから人気落ちしていましたが、常にトップクラスと戦ってきた地力がいきました。
秋華賞本番は正直どうかなと思いますが、今後も牝馬限定戦なら安定して走りそう。

3着にウィクトーリア
オークスで4着に入っている力そのままの好走でしたね。
ヴィクトワールピサ産駒は黄金世代だったと思いますが、最後の1冠が取れるかどうかl

これ以降に負けた馬は秋華賞での逆転はあるかどうかといったらなさそうです。
このままの着順で秋華賞が決まるとは思いませんが、ダノンファンタジー1強ムードになりそうですね。

トライアルが終わってのまとめ

紫苑Sよりもレースレベルは高かったと思うので、ローズS組が秋華賞の中心になるでしょう。
上がり馬としては白井特別を勝ったサトノダムゼルも注目されそうですが、
この時期の2勝クラス勝ち上がりでトップクラスに通用するかというと微妙です。

紫苑S組のパッシングスルーも好走はしてきそうですが、勝ち切るパンチ力があるかどうか。
ヒモ穴狙いの秋華賞になりそうな予感です。