神戸新聞杯 回顧[2019年] 世代最強を裏付ける勝ちっぷり

レース回顧

神戸新聞杯は少頭数で人気通りの決着でした。
レースはサートゥルナーリアの強さが際立つレースになりましたね。

3歳最強を示した勝利

サートゥルナーリアの強さ

トライアルとはいえ皐月賞、ダービーで接戦を演じたヴェロックスがいました。
その中で3馬身差で余裕たっぷりの勝利でしたからビックリです。

キンカメ系ですから超スローの瞬発力勝負はドンとこいのタイプとはいえ凄かったですね。
死角があるとすれば突如発生する気性の荒さでしょうか。
ダービーのようなことが今後ないともいいきれません。暴走する危険性は常にありそうです。

それでもまともに走ればアーモンドアイともいい勝負になるのは間違いないでしょう。
是非とも天皇賞・秋で頂上決戦が実現してもらいたいです。
両馬に乗るルメール騎手は贅沢な悩みになりそうですけどね。

ヴェロックスの今後

完敗のヴェロックスでしたが、2着は死守。
ジャスタウェイ産駒で京都はどうかはまだ半身半疑ではありますが、
ハーツクライ系は京都G1では2着までとう感じがします。
去年のエリザベス女王杯でリスグラシューがそのジンクスは破ってはいますけどね。

ただダノンキングリーもいなければ世代のなかでもトップクラスの実力は間違いなし。
是非とも最後の1冠を手に入れて、有馬記念でサートゥルナーリア雪辱してもらいたいです。
(サートゥルナーリアが秋G13戦するとは思えませんけどね・・)

3着以下の今後

菊花賞本番で化ける馬はいないような気がします。
ワールドプレミアも若葉Sに続いてヴェロックスには勝てませんでした。
セントライト記念組も正直菊花賞でどうなるか微妙ですし、
予想するうえでは悩ましいことになりそうです。